• 2月 6, 2024

乳児湿疹の症状と治療

乳児湿疹は、赤ちゃんの肌が敏感になって赤く痒くなる症状を特徴とします。原因は様々ですが、乾燥や汗、アレルギーなどが挙げられます。乳児湿疹は放っておくと悪化する可能性もあるため、早めの対処が必要です。
しかし、どうやって対処すればいいのかわからないことも多いでしょう。

このブログでは、乳児湿疹についての基本的な知識や対処法を紹介していきたいと思います。乳児湿疹に悩む赤ちゃんやママのお役に立てれば幸いです。

目次

乳児湿疹とは

乳児湿疹とは、生後2ヶ月から6ヶ月頃に発症する、赤みや痒みを伴う皮膚症状の総称です。
乳児湿疹の中には、おむつかぶれ(おむつ皮膚炎)やあせも(汗疹)、アトピー性皮膚炎などが含まれます。

乳児湿疹の原因

乳児湿疹は、遺伝的な素因やアレルギー、皮膚のバリア機能の低下、感染などが原因となって起こります。

代表的な乳児湿疹

代表的な乳児湿疹は、以下のようなものがあります。

代表的な乳児湿疹 ・おむつ皮膚炎:おむつをしていることによって生じる接触皮膚炎
 ・乳児性脂漏性皮膚炎:皮脂の過剰分泌が原因で生じる乳児湿疹
 ・汗疹(あせも):汗のかきやすい場所にできる湿疹
 ・アトピー性皮膚炎:遺伝的素因やアレルギー反応、外的刺激などによって生じる慢性湿疹

乳児湿疹の症状

乳児湿疹は、顔や頭皮、首、胸などに発生しやすく、ひどい場合には全身に広がることもあります。

乳児湿疹の主な症状は以下のとおりです。

主な症状 ・赤い発疹やぶつぶつができる
 ・かゆみが強くなる
 ・皮膚が乾燥してカサカサする
 ・皮膚がひび割れたり、水ぶくれや膿がでたりする
 ・睡眠不足や食欲不振などの全身症状が出る

乳児湿疹は自然に治ることもありますが、放置すると悪化したり、感染症を起こしたりする可能性があります。そのため、早めに皮膚科や小児科で診察を受けることが大切です。医師は、乳児湿疹の原因や程度に応じて、ステロイド軟膏や抗ヒスタミン剤などの薬を処方したり、保湿やスキンケアの指導を行ったりします。

また、乳児湿疹の予防や改善には、以下のような対策が有効です。

予防・改善対策 ・毎日清潔に保つ
 ・石鹸やシャンプーは刺激の少ないものを選ぶ
 ・洗濯時の洗剤や柔軟剤は無香料・無着色・低刺激のものを選ぶ
 ・毛布やタオルなどは柔らかく清潔なものを選ぶ
 ・気温や湿度に応じて衣服を調整する
 ・汗をかいたらすぐに拭き取る
 ・ストレスや刺激物を避ける

乳児湿疹は、赤ちゃんだけでなく、親御さんにとっても辛いものです。しかし、正しい治療とケアを行えば、改善する可能性が高いです。赤ちゃんの皮膚の変化に気づいたら、早めに医師に相談しましょう。

乳児湿疹の診断

乳児湿疹の診断は、主に医師の診察(視診)により行われます。採血が必要になることもありますので、その都度医師とご相談下さい。

乳児湿疹の治療

乳児湿疹の治療は、主に軟膏やクリームなどの外用薬を用いて行われます。また、保湿剤なども併用することで、皮膚のバリア機能を高めることができます。治療の詳細は医師とご相談下さい。

乳児湿疹は、放っておくと悪化する可能性もあるため、早めに医師の診察を受けることをおすすめします。正しい知識と対策で、健康な生活を送りましょう。

海老原おとなこどもクリニック 045-507-3083 ホームページ